車の免許を取りたい人に!通いと合宿どっちがおすすめ?

車の免許を取る方法とは?

自家用車を運転するのに必須の運転免許ですが、取得するためには教習所での訓練と試験が必要です。免許証の取得には教習所に通う方法と、合宿で一気に取る方法があります。それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

教習所に通うメリット

教習所に通う場合は自分の都合に合わせて予約を取ることになります。自分の予定と調整してとることができるので時間を無駄にすることが少なく、忙しい人でも少しずつ教習を積み重ねていくことができるところがメリットといえるでしょう。教習所への送迎バスを利用する事もできますね。普通免許を取るのには一番メジャーな方法といえるのではないでしょうか。費用は教習所によって異なりますが、おおむね35万円といったところです。

合宿で免許を取るメリット

まとまった休みが取れる人ならばおすすめなのが免許合宿です。通いとは違い、合宿施設に寝泊まりしつつ集中して教習を受ける事になりますので、短い期間で取ることが可能です。免許取得という同じ目的をもった仲間ができる事もあります。費用はやはり施設によってさまざまですが、安いところでは15万円からとれるところもあるようです。一括で費用を収めるため、追加費用がかからないところもメリットの一つですね。

通いと合宿どっちを選ぶ?

まとまった休暇がとれるのであれば、費用や期間などからもおすすめなのは合宿でしょう。学生さんの長期休みに合わせたプランもたくさんあります。通いの教習では地元の道に詳しくなったり、なじみの先生ができるなどといった面もありますので、それぞれ自分に合った方法で取得方法を選ぶのがよいですね。

合宿免許とは教習所の寮や指定の宿泊施設に滞在し、集中的に教習を受けて短期間に免許を取得するシステムです。一般に通学して取得するよりかかる費用が安いとされています。