CADって何?CADを使うメリットから勉強法までを簡単に説明します

初心者でもわかるCADについての基礎知識

「CAD(キャド)」とは、Computer Aided Designの略称で、日本語訳は「コンピュータ設計支援」です。パソコンを使って、設計や製図をするツールのことをいいます。ビル、配線、電子レンジ、自動車、洋服やアクセサリーといったあらゆる図面を作成する時に使います。CADのソフトウェアは、無料で使えるものや高額なものなど値段設定が幅広く、種類も豊富にあります。特定の分野に使うものを「専用CAD」、分野を問わないものを「汎用CAD」と呼びます。

CADを導入する4つのメリット

#時間短縮ができる
手書きで製図をするよりも、CADで製図をする方が大幅に時間短縮をすることができます。
#修正が楽
製図作成には、図面の線の太さが仕様に影響するといった、細かいルールがあります。「太さを間違えた!」と気づいたら、手書きとは違い、すぐにパソコンで修正をすることができます。
#データ管理が簡単
紙で製図を管理すると、物理的な場所が必要になり、製図の劣化も気になります。しかし、CADで作成したものであれば、サーバーに保存することができて、管理が楽になります。
#複数の人との共同作業が可能
CADで作成した図面をサーバーに保存することで、複数人の間でデータを共有することが可能になり、共同で作業をすることができるようになります。

CADを実際に使ってみましょう

CADを使って製図を書くためにソフトの使い方を勉強しましょう。まずは、自分が使いたいソフトの初心者向けテキストを買う。本を見ながら実際にCADに触れ、自分が本当にCADに向いているのか、本当に必要なのかを見極める良い機会になるでしょう。基本がわかったところで、勉強を続けていけそうだ、と思うことができれば、WEBサイトや専門のスクールで本格的に勉強し、知識を増やしていくことをおすすめします。

水道CADとは、コンピューターを使用して水道の設計図を作成できるソフトウェアです。作業の効率化から時間短縮になるだけでなく、綺麗な図面を仕上げることが可能です。